『めざめの森を めぐる言葉』中嶋朋子著

2021年9月1日(水)、北の国からで螢を演じた中嶋朋子さんの20年ぶりのエッセイ集が講談社より発売されました。ご本人のインスタグラムから情報を得ていましたので、早速書店で購入しました。

前書きで書かれていますが、2,3歳から子役をされていたので幼いときから台本を与えられ、「言葉」というものに大きく影響を受けてきたそうです。そんな中嶋朋子さんが、慰められ、勇気づけられ、希望や夢、道行く確信さえも与えてもらった言葉、そのエピソードが2~3ページで紹介されています。

北の国からに関係する言葉のみ紹介します。
あなたは一億人相手に反抗期をやってのけたのよ ーピーコ(ファッション評論家)』
私たちは風景だったんだよ ー私自身』
今の君の姿に この詩を送ります ー田中邦衛』
君が母親だからあげられるギフトじゃない? ー夫』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中