連続第2回 手紙

 石を集めて丘ムロっていうのを作ることになったんだ。父さんがなるべく大きいのを集めてって言ってたよ。お兄ちゃんと一緒に集めてたんだけど、お兄ちゃんはイヤになってサボってばっかり。螢はがんばってたくさん石を運んだよ。熊さんも手伝ってくれて立派な丘ムロができたよ。ここに食べ物を入れておくんだって。
 お兄ちゃんが母さんに手紙書いてるの父さんに教えちゃった。父さんには秘密はしゃべっちゃだめだって言われたけど。何日かたったら、お兄ちゃんは螢にその手紙を町まで出してこいだって。螢、イヤだったんだけど、お兄ちゃんがしつこいから行ってあげることにしたんだ。途中で綺麗な花が咲いてたからつもうと思ったんだけど、橋に置いた手紙が川に落ちちゃった。あわてて追いかけたけど手紙はどんどん流れて行っちゃうし大変だったよ。
 夜になっても螢が帰らなかったので、みんな心配したみたい。父さんや中畑のおじさんや熊さんもみんなで探してくれたみたい。夜遅くになって、川ぞいを歩いてたところを清吉おじさんが見つけてくれたんだ。ごめんなさい父さん。お兄ちゃん、螢、川に手紙落としちゃったけど父さんには言わなかったからね。

←連続第1回 廃屋  連続第3回 決意→