連続第17回 別離

 夏になったよ。父さんは丸太小屋を夏の間に完成させたいみたい。だけど、実際に始めてみたらなかなか進まないみたい。素人だから仕方ないんじゃないかな。
 その日は午後から授業をやめて、凉子先生といっしょにバスで本校に見学に行ったんだ。分校が廃校になっちゃうので、夏休みが終わったら本校に通うんだ。凉子先生も本校に来てほしいけど、凉子先生ははっきり来るって言わなかったね。校長先生とかえらい人が決めるんじゃないかな。そんな話をお兄ちゃんとしながら学校から帰ってたら、誰かのの声が聞こえたんだ。雪子おばさんだ!東京から帰ってきたんだ。雪子おばさんは螢とお兄ちゃんにお土産を買ってきてくれたよ。螢はアラレちゃん、お兄ちゃんはゲームウォッチだよ。ありがとう雪子おばさん。
 雪子おばさんだけじゃなく母さんと弁護士のおばさんも一緒に来てたみたい。父さんは2人に会いに行ってたみたい。夜になったら、父さんは螢とお兄ちゃんを呼んで話があるって。母さんが富良野に来ててホテルに泊まってるって。今度、父さんと母さんは正式に離婚することになったみたい。螢は父さんと一緒に暮らすからね。明日、ホテルに連れて行くから母さんと3人でゆっくりしておいでって。
 次の日、父さんは螢とお兄ちゃんをホテルまで車で送ってくれた。螢はあんまり気がすすまないな。ホテルから螢とお兄ちゃんと母さんと弁護士のおばさんの4人でラベンダー畑に行くことになったんだ。ラベンダー畑では母さんは明るくしてたけど、螢はずっとだまってたんだ。ラベンダーの花を買ったとき母さんが螢と手をつなごうとしたんだけど、螢は逃げちゃったんだ。弁護士のおばさんが母さんと3人でホテルに泊まればって言ったけど、螢ことわったんだ。それから、母さんが螢たちの学校に行きたいって言ったから、4人で学校に行ったんだ。母さんと弁護士のおばさんは凉子先生と話をしてた。螢は外でクワガタを捕ろうとしたら、お兄ちゃんに冷血動物だって言われちゃった。螢は帰りたくなったから、母さんと弁護士のおばさんを学校に残してお兄ちゃんと帰ってきちゃったんだ。
 次の日は、母さんとお墓参りに行くことになってたんだけど、螢は具合が悪いから行かないって言ったんだ。お兄ちゃんはウソついても分かるんだからなって怒ってたけど。父さんにも具合悪いならお医者さんに看てもらわないとって、母さんも本当はまだ具合悪いんだよって言ってた。4人がお墓参りに行った後、螢はこっそり草太兄ちゃんの家に行ったんだ。草太兄ちゃんに電車が見える河原まで連れてって頼んだんだ。3時34分富良野発の電車に母さんが乗ってるから。父さんたちには内緒だよ。
 草太兄ちゃんと河原に行って母さんの乗ってる電車を見送ったんだ。螢、泣きながら一生懸命走ったんだ。母さんが電車から手をふってた。「ほたるー!ほたるー!」と叫んでたから気づいたみたい。電車を見送ったら、草太兄ちゃんが優しく肩をたたいてくれた。草太兄ちゃんありがとう、螢やお兄ちゃんよりも父さんが世界中で一番かわいそうなんだよ。
 家に帰ったら、父さんとお兄ちゃんが丸太に切り込み入れてた。父さんには寝てるって約束したはずだぞって叱られちゃった。2階に上がって布団の中でもいっぱい泣いたんだ。螢は布団で泣きながら寝ちゃったみたい。
 次の日曜日、廃校式があったよ。去年の秋から螢たちが通った分校が今日で閉鎖されちゃうんだ。父さんも中畑のおじさんたちもみんな分校の卒業生として出席したんだ。でも出席してない人もけっこういるみたい。廃校式の後はみんなで記念撮影があった。螢とお兄ちゃんはクワガタが気になってたんだ。

←連続第16回 転校  連続第18回 イカダ下り→