連続第6回 マフラー

 学校で凉子先生が動物の冬眠の話をしてくれたよ。へび、かえる、熊とかいろんな動物が冬眠するんだけど。正吉君が最後に言ったのがおかしかった。人間も冬眠するんだって!お兄ちゃんたら授業中寝てるんだもん。(笑)
 螢、雪子おばさんの編んでるマフラーが気になったんだ。草太兄ちゃんにあげるんだと思う。草太兄ちゃんマフラーもらったらどんな顔するかな。これはメロドラマですね。まさかお兄ちゃん、草太兄ちゃんにマフラーのこと話してないよね?
 だけど、お兄ちゃん、螢かんちがいしてた。マフラーには北村草太のS.Kじゃないイニシャルが入ってるよ。T.Iってあの人よ、東京でよくおばさんのところに来てた人じゃない。あの人にあげるマフラーだったんだ。お兄ちゃん、なんでそんなにあわててるの?
 それにしても、雪子おばさんは草太兄ちゃんと東京のあの人、どっちが好きなのかな?やっぱりマフラーあげるんだから東京の人のことが忘れられないのかな?それと、つららさんかわいそうだね。草太兄ちゃんは雪子おばさんのこと好きみたいだけど、つららさんは草太兄ちゃんのことが好きみたい。つららさん泣いてるんじゃないかな。
 何日かしたら雪子おばさんは急用ができて、東京に帰ることになったんだ。螢はお兄ちゃんとバス停で見送ったんだ。雪子おばさんは口数が少なくてすぐに帰るからって言ったんだけど、なんとなくおばさんがそのまま帰って来ない気がしたんだ。また、父さんとお兄ちゃんと3人の暮らしになったんだよ。何も知らない草太兄ちゃんはショックを受けていたよ。
 夜になってキツネを呼んだけど、まだ戻ってこないんだ。

←連続第5回 キツネ  連続第7回 電話→