札幌ロケ地

札幌市と苫小牧市のロケ地を紹介します。

※青は連続ドラマ、オレンジは’89帰郷、赤は’92巣立ち、紫は’95秘密、緑は’98時代

大きな地図でご覧になりたい方はこちらからご覧ください。
https://www.google.com/maps/d/u/2/edit?mid=1FiPBQmXSzeqfg9idIFTkw023jdkxjslQ&usp=sharing

 

【札幌ロケ地シリーズ】

第1弾 天窓の見える喫茶店・札幌市時計台 2003年夏

 

【ロケ地リスト】

地図にあるロケ地のリストです。リストはドラマでの登場順になっています。

<連続ドラマ>

上白石橋わき 連続第21回、純と雪子が札幌に行くとき電車から見た風景。語「そしてその試合の前日の夕方、ぼくはおばさんと初めて汽車で、札幌の街へはいったわけで」※指定地点は道路の橋になっており、線路がそのわきを走っている。

大通公園 連続第21回。札幌の街を歩く雪子と純。語「恵子ちゃん。札幌は-北の都で。」 ‘95秘密。純と正吉が勇次と噴水の前で待ち合わせした。

中村屋旅館 連続第21回。雪子と純が泊まった旅館。語「その晩ぼくらは草太兄ちゃんがとってくれた宿屋の一室で、お兄ちゃんからの連絡を待った。でもお兄ちゃんは何もいってこず」

<’89帰郷>

ロイヤルホスト ‘89帰郷。れいちゃんが働いていたファミレス。撮影当時ロイヤルホスト月寒店。れい「いらっしゃいませ」水の入ったコップを倒すれい。純「何時に終るンだ」れい「四時」。現、焼肉徳寿福住店。

円山陸上競技場 ‘89帰郷。純とれいちゃんが歩いた道のわきにあったスケートリンク。れい「どうかしたの、そっちの手」純「いや-ちょっとぶつけて」

天窓の見える喫茶店 ‘89帰郷。撮影当時は可否茶館円山店。れい「信じられない!-来てくれたなんて!」れい「東京-いっぱいいいことあった?」純「どうかな」。現在はマンションになっている。

<’92巣立ち>

札幌市時計台 ‘92巣立ち。札幌の1ショット。語「向うは海の向う、札幌にいるンだ」

<’95秘密>

札幌市資料館(旧札幌控訴院) ‘95秘密。純と正吉が勇次と待ち合わせ後、通りかかった建物。勇次「本当のこというとここ半年くらい、昔みたいには逢わなくなってたンです。」

ニドム 石彩の教会 森の教会 ‘95秘密、れいちゃんが結婚式を挙げた教会。語「-ダスティン・ホフマンにおれはなれなかった」

<’98時代>

マークスイン札幌 ‘98時代。螢が清掃の仕事で働いていたホテル。正吉が車の中から螢を見ていた。2020年6月30日をもって営業を終了した。

螢が歩いた街並み ’98時代。清掃の仕事が終わり、正吉に会うために螢が歩いた街並み。その後、木に寄りかかり待っていた正吉を見つける。

北海道立真駒内公園 ‘98時代。正吉が螢を待っていた木のある場所。正吉が昔もらった年賀状を見せて螢にプロポーズした公園。

札幌芸術の森 野外ステージ ‘98時代。螢と正吉が歩いた公園。ステージ上でヴァイオリンを演奏するシーンもある。

北海道立真駒内公園札幌芸術の森 野外ステージのシーンは交互に登場し、演出上は1つの場所とされているように思われます。

三矢ビル ’98時代。みどりが花を抜いていた店。正吉の声「母さん」みどり「(慌てて)札幌じゃお前、取っていいことになってるンだよ。お祝いの生花は縁起もンなンだから」

螢のアパート ‘98時代。螢のアパートには正吉からのオオハンゴンソウであふれていた。現在もアパートのようである。

※ロケ地情報には万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。情報の誤りや新たなロケ地情報を提供いただける場合にはメールにてご連絡ください。また、掲載に問題がある場合にはすぐに削除いたしますのでご連絡ください。
kitanokunikarasince1981@gmail.com